TOP業務内容製品紹介技術情報会社情報お問い合わせ
S.T.S Labo
株式会社エス・ティー・エス ラボ

環境測定

室内環境測定(シックハウス)

新築時や、リフォーム時の室内空気分析を行います。

新築・リフォーム後の室内環境対策は万全ですか?

省エネルギー対策として開発された高気密性施設や住宅の普及に伴い、シックハウス症候群化学物質過敏症が社会的問題となっています。平成14年に公布された「建築基準法等の一部を改正する法律」ではその対策として換気と使用部材の規制、また、厚生労働省においては「シックハウス問題に関する検討会」でその指針を作成しています。(表-1参照)

表-1 室内濃度指針
化学物質名 濃度指針値
μg/m3
気中濃度
ppm
ホルムアルデヒド 100 0.08
アセトアルデヒド  48 0.03
トルエン  260 0.07
キシレン  870 0.2
エチルベンゼン  3800 0.88
スチレン 220 0.05
パラジクロロベンゼン 240 0.04
表-3 室内化学物質の発生源と主な症状
化学物質名 考えられる発生源 考えられる主な症状
ホルムアルデヒド 合板、パーティクルボード、接着剤、防腐剤 目・喉の痛み、頭痛
アセトアルデヒド 接着剤、防腐剤、木材、タバコ等 目・喉の痛み、頭痛
トルエン 接着剤、塗料等 疲労、めまい、体力減退、呼吸疾患
キシレン 接着剤、塗料等 目・鼻・喉の痛み、知覚障害、吐き気
エチルベンゼン 接着剤、塗料等 目・喉の刺激、皮ふ炎
スチレン ポリスチレン樹脂を使用した断熱材等 粘膜の炎症、環境ホルモン
パラジクロロベンゼン 防虫剤、芳香剤 めまい、頭痛、発ガン

この、シックハウス症候群や化学物質過敏症は、建材等から室内空気中に放出される微量の化学物質を、徐々に室内空気と共に長期間に渡り吸い込むことで突然発症すると言われています。シックハウス症候群罹患者は100人に1人で、そのうちの10人に1人が発症すると考えられ、発症は許容量の個人差により、すぐに発症する場合と、5年後、10年後に発症する場合と様々です。

現在、公共施設では新築・リフォーム後に室内環境分析を測定し、その安全性の確認を義務付けています。一方、民間マンション等では入居者がシックハウス症候群を発症し、施工会社や販売者、所有者を相手に訴訟を起こす例(表-2代表的な訴訟の一部)が多くなってきたことから、自主的に室内環境測定を行い、品質の保証を行っています。

シックハウス症候群対策は建築基準法を守っていれば十分という訳ではなく、F☆☆☆☆規格の建材を使用していても、家具や防虫剤などが原因であった例が数多くあります。

このシックハウス症候群を未然に防ぐには、十分な換気と適切な建築部材の選定はもちろんですが、室内環境測定が最も確実で重要とされています。

表-2 代表的な訴訟の一部
紋別市立小向小学校 新築校舎で児童 10人、職員 3人が発症。原因調査中
調布市立調和小学校 2002年新築校舎で児童 4人が発症。2007年和解。和解金 460万円
北海道 2004年 6月引渡しの戸建住宅で発症。札幌市内の住宅会社を提訴
堺市保育園 園児30人が発症。2007年設計事務所が 500万円、堺市が 1200万円の和解金を支払い和解
大阪市 市立小学校で発症。150万円の和解金を支払い和解
岩手県県民情報交流センター 開園直後、利用者に発症
大阪市北区 ライオンズマンション 住民 46人が発症。3億円の損害賠償を求め訴訟。大阪地裁で解決金を支払うことで和解
京都府賃貸しマンション 貸主とマンション所有者に対し、慰謝料など 5600万円の支払いを求め京都地裁に訴訟
北海道旭川市 市庁舎で 4人が発症。地方公務員災害補償基金北海道支部が公務災害と認定
東京都台東区 マンション マンション購入後発症。東京地裁は販売会社に対し売買代金 4790万円の返還を命じる
神奈川県保土ヶ谷高校 校舎屋上の防水工事が原因で生徒 308人が体調不良
兵庫県神戸市 戸建自宅の防水工事で発症。神戸地裁は建設会社に1800万円の支払いを命じ和解

▲ページトップ

精度もコストもともに満足! 室内環境測定はお任せください

室内空気の測定には検知管や試験紙等を使用した簡易方法と、いったん室内の空気を採取し分析装置を使用して測定する方法とがあります。簡易方法は手軽に測定することが可能である反面、測定時の温度や湿度等の影響を受けやすく測定誤差が生じやすくなります。一方、室内空気を採取し、分析装置を使用した場合は精度が高く信頼性のある結果が得られます。

この室内空気採取方法による測定にはパッシブ法アクティブ法があります。

パッシブ法   アクティブ法
測定する室内を 30分間開放→ 5時間密閉→ 8時間~ 24時間室内空気を採取→分析装置で測定→報告書の提出   測定する室内を 30分間開放→ 5時間密閉→ 30分間 (30L)室内空気を採取→分析装置で測定→報告書の提出
パッシブ法による採取   アクティブ法による採取
パッシブ法による採取   アクティブ法による採取

※測定対象物質はホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレン、パラジクロロベンゼンの計7物質です。

測定結果は報告書で提出し、万が一基準値を超えている場合は対策をご提案いたします。

「室内VOCサンプリングセット」なら室内の空気採取がより簡単に

弊社ではパッシブ法、アクティブ法のどちらでもお客様のご希望の方法で室内環境測定を行います。ご希望のお時間に現場にお伺いして室内空気の採取を行い、数日後に測定結果を報告書で提出いたします。また、誰でも簡単に室内空気の採取ができる「室内VOCサンプリングセット」をご利用いただきますと、経済的に室内環境測定ができます。

「室内VOCサンプリングセット」は測定料金を含んだ室内空気捕集セットで、取扱説明書にしたがいご自分で室内空気を捕集していただきます。その後、弊社にサンプリングチューブを返送していただければ、数日後に測定結果を報告書で提出いたします。大変手軽で安価な室内環境測定セットです。

※ VOCとはVolatile Organic Compoundesの略で揮発性有機化合物を意味します。

室内VOCサンプリングセット

 セット内容

  ・アルデヒド用サンプリングチューブ……………… 2本
  ・有機溶媒用サンプリングチューブ………………… 2本
  ・アルデヒド用サンプリングチューブホルダー…… 1ヶ
  ・有機溶媒用サンプリングチューブホルダー……… 1ヶ
  ・簡易温湿度計………………………………………… 1ヶ
  ・保冷剤………………………………………………… 1ヶ
  ・サンプリングデータ記入シート…………………… 1枚
  ・取り扱い説明書……………………………………… 1冊

室内VOCサンプリングセット内容

 ■価格
  • 1箇所用 …………… 38,000円
  • 2箇所用 …………… 68,000円
  • 3箇所用 …………… 96,000円

御注文はこちらの問い合わせフォームをご利用ください。

▲ページトップ